FC2ブログ

記事一覧

【品川西口】北品川駅〜品川駅〜品川新駅(仮称)間で自動運転車運行も 事業計画中間とりまとめを見る

国土交通省関東地方整備局が品川駅西口駅前広場の整備事業計画に関する中間とりまとめを公表した(平成30年9月14日)。


注目点は
 北品川駅〜品川駅〜品川新駅間での自動運転車運行を想定
 おおむね2050年にかけての方向性を示している
 

▼事業概要
1 事業の背景
 品川駅周辺地域は、新たな国際交流拠点の形成に向けて、道、駅、まちが一体となった都市基盤の整備をすすめ、「世界の人々が集い交わる未来型の駅前空間」を目指す。

名称未設定 
(関東地方整備局)



2 品川駅西口概要
 品川駅周辺では鉄道駅の大規模再編、MICE、宿泊施設等の機能を備えた複合的施設が計画されている
名称未設定
(関東地方整備局)



3 四つの基本コンセプト
 異なるモビリティが乗り入れ、シームレスな乗り換えを可能とする新たな交通結節点
  リニア/羽田空港/臨海部/都市部へのアクセス強化
  多様なモビリティへのシームレスな乗り換え実現
  次世代技術に対応した拠点的ターミナル機能
 駅前や広場空間を中心に様々な都市機能を支える基盤
  24時間利用
 新しい「日本の顔」となる象徴的なる空間を世界中に発信
 国内での大規模災害時には、首都圏の防災拠点として機能




▼事業の具体的なイメージ
 国道15号上空を立体的に活用
  北部デッキ部に次世代型交通ターミナル
  南部デッキ部ににぎわい広場、開発ビルと一体の3〜4層の商業施設

 4丁目開発地にタクシー、ツアー系高速バス、次世代モビリティなどを収容する複合ターミナル配置

名称未設定 
名称未設定 
(関東地方整備局)




▼次世代型交通ターミナル
 品川駅、品川新駅(仮称)、周辺地域に次世代モビリティネットワークを形成
名称未設定 
(関東地方整備局)

駅間移動には自動運転の「多目的車」「超小型モビリティ」を想定。



◯現況
名称未設定 
(関東地方整備局)


◯将来像
名称未設定 
(関東地方整備局)



▼将来の姿(品川駅西口駅前広場の機能のイメージ)
名称未設定 
(関東地方整備局)


①次世代型交通ターミナル
・最先端のモビリティ乗降場を集約したターミナル配置
名称未設定 
(関東地方整備局)


②開発計画と連携した複合ターミナル
・民間開発計画と連携、交通防災の複合ターミナル配置
・タクシー、ツアー系高速バス、次世代モビリティなどの乗り換え可能に
名称未設定 
(関東地方整備局)


③シンボリックなセンターコア
・交通結節の各空間を結ぶシンボリックコア
名称未設定 
(関東地方整備局)



④人々が集うにぎわい広場
・センターコア南側ににぎわい広場空間配置
・有事には防災拠点に
名称未設定 
(関東地方整備局)







まちの開発の方向性が示されている。先は長い。

ルートにもよるが、駅間移動に自動運転車が実現するのは相当先という印象。

そんな感じ。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
①どらったら!(平成26年〜28年秋)
②dorattara(~29年11月)
の続き。

中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム