FC2ブログ

記事一覧

【横浜】アプリで配車の「AIバス」、横浜で運行始まる 平成30年12月10日まで

半径5キロ程度の運行範囲で、決まったルートを持たない車両「AIバス」の運行試験が横浜市でスタートした。観光客をターゲットに、AIを使った最適配車と最短ルートでの移動を可能にする新しい移動手段目指す(平成30年10月5日)。




主な目的は交通と商業施設の連携。

交通需要増大と商業施設の売り上げ向上につなげ、結果として移動の社会的課題解決を狙う。


1_2018100513275572f.jpg

(AI運行バス)




▼概要

 リアルタイムで最適な車両、ルートを導き出すAI配車機能をもち、店舗・商業施設側が施設情報、クーポンを利用者に伝える情報配信機能を統合したプラットフォームとして「AI運行バス」を運行。エリアの回遊性向上について効果を検証する。


期間 平成30年10月5日~12月10日

時間 午前10時~午後9時

範囲 みなとみらい21エリアと関内エリア

料金 無料

台数 10台(定員4~6人のタクシー車両を使用)


乗降場所 31カ所

2_20181005133356cf4.jpg


乗降場所リスト

3_20181005133448c67.jpg

(AI運行バス)



▼特徴

①目的地までの交通手段を調べる必要がない。

(利用イメージ)

 観光情報を見る→AI運行バスを呼ぶ→乗車・走行の際に商業施設のクーポンを取得

→現地到着

②商業施設側に来街者の情報が分かる

③自治体側にとって、自然災害時に影響度を把握できる







これ、自動運転とは違うし、ららぽーと豊洲の無料バスの拡張版ともちがう。

対象施設が250というのだから。


みなとみらい地区ぐらいの面的な広がりがあるからできること。

日本橋、大丸有、銀座あたりでもできそうな気がするが、豊洲じゃ無理かな。

でも五輪期間ならどうだろう。


効果検証を待ちたい。

そんな感じ。




(参考)




(リンク)

 AI運行バス(公式サイト)

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
①どらったら!(平成26年〜28年秋)
②dorattara(~29年11月)
の続き。

中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム