FC2ブログ

記事一覧

【豊洲千客万来】2023年までのスケジュール案公表 5街区では毎月のにぎわいイベントも

豊洲市場5街区と6街区の賑わいづくりについて、およそ5年間のスケジュール案が公表されている。6街区の約1ヘクタールに予定される万葉倶楽部の千客万来施設着工は東京2020大会後の早い時期、施設稼働は2023年度とする内容(平成30年12月9日)。



1.jpg
(東京都)=赤字、赤枠の一部加筆



公表されているスケジュール案はおおむね次の通り。

▼おおまかなスケジュール案と予定イベント
名称未設定
(中の人作成)


▼5街区(約6000㎡)
(賑わい施設)
2019年1Q  賑わいイベント実施
 通常イベント(毎週土曜日)
 大型集客イベント(月1回)、計3回程度か
2019年2Q〜 工事
2020年1Q〜2023年1Q 仮設施設による場外マルシェ

(立体駐車場)
2019年1Q〜 工事
2020年1Q〜 供用


▼6街区(約10000㎡)
(賑わい施設)
2020年2Q〜2020年3Q 賑わいイベント実施(駐車スペース有)
 中央卸売市場などによるイベント(毎月)
 民間事業者によるイベント実施(内容不明)
 イベントでの鮮魚販売実施、市場開放

2020年4Q〜 千客万来施設工事
2023年2Q〜 千客万来施設施設稼働

イベントの内容は今後具体的に検討される。
また5街区については、スケジュール変更(後ろ倒し)の可能性があるようだ。



豊洲市場の賑わいづくりへの挑戦が本格化する。

5街区のにぎわいイベントは2023年初めに終了するスケジュール。
この頃には東京BRTの運行も始まるだろう。
それまでに5街区の恒久的なにぎわいづくりの方向性が打ち出せるかどうか。

そういう意味で豊洲市場のにぎわいづくりは、2023年初めまでが勝負かな。
そんな感じ。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
①どらったら!(平成26年〜28年秋)
②dorattara(~29年11月)
の続き。

中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム