FC2ブログ

記事一覧

【有明】更新② 免震タワーマンション用の新構法導入 ブリリアタワー有明MID CROSS

更新② 江東区有明のタワーマンション「ブリリアタワー有明ミッドクロス」に採用された免震タワーマンション用の新構法「Sulatto Rotary Tower」が紹介されていた(平成30年12月27日)。



 扁平梁の採用で階高を変えずにハイサッシュ導入を可能にし、梁を中心部に集中的に配置し、住戸内の梁についてはロータリー状に配置することで1フロア4本にまで減らすというもの。梁のない高い品質の室内空間と経済性が両立するとアピールしている。





◯「ブリリアタワー有明ミッドクロス」外観イメージ

名称未設定

(三井住友建設)




◯Sulatto Rotary Tower

名称未設定

(三井住友建設)


・建物の中央部に構造要素を集約し、外周部の梁を扁平梁に→階高を上げずにハイサッシュ採用可能に


・住戸内を横断する梁を4本まで削減。4本の梁はロータリー状に配置。住戸形状や住戸プランなど、プランニングの自由度、住空間の使いやすさが格段に向上。


・高さは120メートルクラスまで可能

・超高層マンションと経済性を両立





 できるだけコストカットし、その中で品質を維持しようという試みの一つかな。
 

 そんな感じ。


(参考)

 免震タワー型マンションの新構法「Sulatto Rotary Tower」が初めて採用(三井住友建設)





更新① 販売サイトが公開されている(平成30年12月23日)


「(仮称)Brillia有明Ⅳ」となっていた物件名は

「Brillia TOWER有明MID CROSS」


1.png

(販売サイトより)


全体概要


所在地 江東区有明1

敷地面積 4913㎡

建築面積 1275・46㎡

構造・階数 鉄筋コンクリート造 地上33階/地下1階

総戸数 300

駐車場 152台(平置き20、機械式132)

駐輪場 626台

バイク 30台




竣工予定 2021年2月下旬

入居開始 2021年3月下旬(予定)



販売開始 2019年6月下旬(予定)

間取り 1LDK~3LDK

専有面積 44・47㎡~91・72㎡




・この物件有明にありながら、臨海副都心をアピールをしている。

b01_img02[1]

(販売サイトより)


詳しくはこちら。

ブリリア・TOWER有明MID CROSS(販売サイト)






【有明】90㎡以上は1戸 Brillia有明Ⅳの計画



江東区有明に建設中の33階建てタワーマンション「Brillia有明Ⅳ」(東京建物)の南側立面図と敷地配置図が公表された(平成30年12月12日)。


20170621_171721_12248[1]

(建設通信新聞)=再掲



300戸のうち、90㎡以上の住戸は1戸という計画になっている。







▼建物概要


所在地 江東区有明1-6

階数 地上33階/地下1階

敷地面積 4913㎡

建築面積 1275・46㎡

延べ面積 30629・17㎡

戸数 300戸(分譲)、うち90㎡以上の住戸は1戸

駐車場 147台(設置率49%)

駐輪場 600台(1戸あたり2台)

バイク 30台

その他用途 保育園、店舗


工事完成 平成33年2月予定





○南側立面図

a.jpg


(江東区)




○配置図

c

(江東区)



・敷地東側の空き地は「交流広場」


●特徴

・店舗は水素ステーション側に配置。

・保育園は道路化が最も離れた位置に配置。

・エレベーターは確認できるもので7基

・タワーパーキング+屋外の平置き駐車場?

・免震構造(既報)


過去エントリをみると、2階部分のようだ。


以前のエントリでは


・敷地東側 交流広場(約1000㎡)
・敷地西側 タワーマンション
  1階 カフェ
  2階 保育所、地域貢献施設、シェアオフィス


となっていた。





こちらも着々

そんな感じ。




(参考)

(仮称)「ブリリア有明Ⅳ」は8月着工(平成30年6月)

有明北地区に約300戸規模のタワーマンション計画 水素ステーション向かい(平成29年6月)




関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
①どらったら!(平成26年〜28年秋)
②dorattara(~29年11月)
の続き。

中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム