FC2ブログ

記事一覧

#314 隅田川の三角地帯を検討も開催は困難か 中央区”新花火祭”

久しぶりに、東京湾大華火祭に関するエントリです。

中央区が東京湾大華火祭に替わる花火大会の打ち上げ場所を検討していたことについては、平成26年8月12日のエントリ、「#221 東京湾大華火祭にかわる中央区主催花火大会 実現可能性は?」で少し書きましたが、今回、中央区が打ち上げについて検討した場所が判明しましたのでメモしておきます。ただ、結論を先に書きますと「見物会場を確保しての隅田川での代替開催は難しそう」ということのようでした。


中央区は下の「隅田川三角地帯」での打ち上げを検討したようです。また、打ち上げる場合、花火が開く高度が200m、直径が150mとなる5号玉(15センチ)が上限で、台船を浮かべて、その上から打ち上げることを想定していたようです。

この場所から5号玉を打ち上げる場合の保安距離はたぶん180mとなります。

(中の人作成)


新川の隅田川テラスや佃の公園など、花火が見られるスペースはそれなりにありますが、それでも、現状の東京湾華火祭の1/4程度の約2万人程度の会場しか用意できないようでした。


また、現行の1尺5寸玉などの大きな玉が打ち上げられないこと、安全に運営するための会場の確保が難しいということなどから、これまでのように会場を設ける形で花火大会を行う場合、隅田川案の採用は難しいという結論になったようです。


ただ、歩きながら見る隅田川花火のような回遊型の方法については特に触れていませんので、これについては可能性が残ったと思います。

* * *

残念ですが、今年の東京湾大華火祭が最後になる可能性は、日に日に高まっているといえそうです。





(関連エントリ)
#221 東京湾大華火祭にかわる中央区主催花火大会 実現可能性は?

テーマ 花火

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
①どらったら!(平成26年〜28年秋)
②dorattara(~29年11月)
の続き。

中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム