FC2ブログ

記事一覧

#416 江東区有明2丁目で敷地10ha、延床46万㎡の開発計画 平成28年度から111カ月間

江東区有明2丁目に残るおよそ10ヘクタールの敷地に、延床面積合わせて46万㎡の商業施設や住宅を開発するための「環境影響評価調査計画」から、開発の概要がわかりましたのでメモしておきます。

「有明ガーデンシティ」と呼ばれていた計画ですね。



▼概要

 計画地は江東区有明2丁目です。



 住宅棟3棟、約1550戸、駐車場約3940台や15階建てのホテルを含む開発計画です。全体のイメージはこのような感じになっています。

(中の人作成)=夏至の午後4時を想定。北北西方向からの図になります。





▼3棟の住宅棟について(3-1-A街区)

敷地の南側にある住宅棟部分は33階建てのタワーマンション3棟で、合計約1550戸の計画となります。高さはいずれも約120mで、このエリアの「まちづくりガイドライン」に沿ったものになっています。

また、住宅棟3棟のうち、住宅A棟とC棟が2基、中央のB棟が4基のタワーパーキングを備える計画になっているようです。

 歩行者デッキがゆりかもめの有明駅、りんかい線の国際展示場駅方面に作られる計画で、住宅棟3棟はそれぞれデッキで結ばれます。また住宅A棟と商業・ホテル棟(B街区)もデッキで直結される計画となっています。



(中の人作成)夏至の午後4時を想定。西方向からの図になります



▼商業棟など(3-1-B/C街区について)

 3-1-B街区は高さ約58mの15階建ホテルと商業棟からなる部分と、高さ約40mで屋上広場を備えた4階建?(資料からははっきりしません)の大型商業棟からなります。


(中の人作成)




(中の人作成)夏至の午後4時を想定。西方向からの図になります



 3-1-C街区は7階建、高さ約50mの業務・商業等複合施設が想定されています。

(中の人作成)夏至の午後4時を想定。西方向からの図になります



▼計画期間は111カ月

 計画期間は111カ月間の想定です。オリンピック期間に43カ月の工事休止期間がありますが、ものすごい長期の計画ですね。

 A街区(工期37カ月)とB街区(工期36カ月)が1期の工事として平成28年度から平成31年度までの間に実施される計画です。平成32年のオリンピック期間など43カ月間は工事が止まり、86カ月目から2期にあたるC街区の工事(工期36カ月)が始まります。終了は111カ月目の平成37年度となっています。


 日刊建設工業新聞を参考にしますと、下図のようなスケジュールになります。


(中の人作成)



 気が遠くなるような先の話です。環境影響評価書案の中で、景観について示されることになっていますので、注目していきたいと思います。


(参考URL)
「江東区有明北3-1地区開発計画」環境影響評価調査計画書が提出されました。 (東京都環境局)

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
①どらったら!(平成26年〜28年秋)
②dorattara(~29年11月)
の続き。

中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム