FC2ブログ

記事一覧

#604更新① タワーマンションのエレベーターの待ち時間の考え方について 

更新① 後半に最近のエレベーターは「なんかすごいぞ」っていうことを追記しました。(平成28年2月8日)


 * * * * *



#604 タワーマンションのエレベーターの待ち時間の考え方について



タワーマンションのエレベーターについて、待ち時間が多いとか少ないとかいろいろ言われているみたいなので、少し考えてみました。



例として「勝どきザ・タワー」の常用エレベーターで居住フロアに限って考えてみると

4層・各層3基で
低層 3階~19階(17フロア分)、分速150m
中層 20階~30階(11フロア分)、分速150m
高層 31階~41階(11フロア分)、分速210m
超高層 42階~53階(12フロア分)、分速210m

となっていたとおもいます。


 大雑把な考え方としては4棟のマンションが縦に重なったものと考えてみると、分かりやすいのではないでしょうか。


こんな感じです。

(中の人作成)


 グラフはイメージで適当ですが、1基あたりの戸数がほぼ同じ「高層」と「中層」を比べると、超高速エレベーターの31階が、高速エレベーターの30階より待ち時間は少ないかもしれません。


 待ち時間にはエレベーター1基あたりの受け持つ戸数(人数?)も大きく関係してくるとおもいます。タワーマンションの中には各層のエレベーターがカバーする戸数に大きな偏りがあるものもあって、待ち時間が「有利」なケースもあるようです。



更新①
▼最近のエレベーターの進化


 三菱エレベーターのカタログを見ましたが、最近のエレベーターの進化はなかなかすごいみたいです。




例えば、こんなのがありました。

(出典:三菱エレベーター)


 このほか、複数のエレベーターがある場合は、どのフロアで呼び出しされても輸送効率が落ちないような工夫が可能になっているようです。

(出典:三菱エレベーター)


 こうした制御の導入で、1分以上待つことがこれまでの方法より1~3割減ったとしています。また平均の待ち時間も5~15%短縮されたということです。

 特に、オフィス用エレベーターだと、ビルに入るセキュリティゲートでIDカードのデータを活用することで、行き先階を予測してコントロールしたりできるようです。



 おそらく、こうした制御技術が導入されているのは三菱エレベーターだけではないでしょう。


 とてもマニアックな世界で、あまりよくわかりませんが、着実に進化を遂げているのがエレベーターといえそうです。エレベーターのカタログ、とても面白かったです。



 * * * * *

 エレベーターに関しては全く素人ですので、マンション全般に詳しい「はるぶーさん」のブログなどをみるといいかもしれません。



(参考URL)

 はるぶーのマンションヲタクな日々



初稿 平成28年2月7日正午
更新① 2月8日午前1時

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
①どらったら!(平成26年〜28年秋)
②dorattara(~29年11月)
の続き。

中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム