FC2ブログ

記事一覧

#784 運行開始時に豊洲発着は1時間に1本の可能性も 東京都BRT

平成28年4月、東京都のBRTの事業計画が公表されました。この中で、平成31年は晴海・豊洲ルートと、勝どきルートの2系統による運行がアナウンスされていますが、豊洲発着便が非常に少なくなる可能性がありますので、メモしておきます。

 

 

 

▼東京都BRTの運行ルート(平成31年以降)

 

 公表された事業計画によると、平成31年から運行を開始した東京都BRTは、平成32年のオリンピック大会まで2系統で運行されます。

 

(出典:「事業計画」)=平成28年4月

 

 

 

 

 中央区は、晴海・豊洲ルートについて「車両基地や車庫が整備されることから、晴海発着のBRTが非常に多くなる」という見通しを示したようです。これは豊洲発着が非常に少なくなることを意味します。

 

 

 

豊洲~新橋間は都営バスが競合しますから、それが影響したのかもしれません。

(中の人作成)

 

 都営バス路線と競合した場合の減便や路線廃止可能性は高いので、そうしたリスクを考えると、東京都BRTの便数が非常に少ないのは仕方がないかもしれません。

 

 

 

▼1時間に6便程度の輸送力をどう分けるか

(出典:「事業計画」)

 

 

 

 平成31年の運行開始時に勝どき~新橋間の運行便数は1時間に6便(600人)程度となっています。2つのルートにどう振り分けられるのでしょう。

 

「晴海ターミナル発着便>豊洲ステーション発着便」を前提に、晴海・豊洲線に75人乗りタイプが、勝どきシャトルには130人乗り連節タイプが導入されるとすると

 

 

(晴海・豊洲線4:勝どき線2の場合)

①晴海・豊洲  4便/時 300人/時(15分に1本程度)

 豊洲発着   1便/時  75人/時(60分に1本程度)

 晴海BT発着 3便/時 225人/時(20分に1本程度)

 

②勝どき    2便/時 260人/時(30分に1本程度)

(合計560人/時)

 

 

 

(晴海・豊洲線3:勝どき線3の場合)

①晴海・豊洲  3便/時 225人/時(20分に1本程度)

 豊洲発着   1便/時  75人/時(60分に1本程度)

 晴海BT発着 2便/時 150人/時(30分に1本程度)

 

②勝どき    3便/時 390人/時(20分に1本程度)

(合計615人/時)

 

 

 * * * * *

 

 

 んー、それにしても悲しくなるぐらい少ないですね。前倒しで運行便数の大幅増便を期待したいところです。

 

 

 

(参考URL)

 「都心と臨海副都心とを結ぶBRTに関する事業計画」 (東京都)=平成28年4月

 

(関連エントリ)

 東京都BRT(旧中央区BRT) 

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
①どらったら!(平成26年〜28年秋)
②dorattara(~29年11月)
の続き。

中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム