FC2ブログ

記事一覧

#859 中央区の臨海地域地下鉄構想報告書をみる② ルート・運行計画の検討

中央区が平成26年度と27年度に行った「都心部と臨海部を結ぶ地下鉄新線の整備に向けた調査検討」の詳細を何回かにわけてみていきましょう。

 

 

2回目はルートの検討についてです

(出典:中央区)

 

 

①建設計画の検討

 

起点・終点:銀座付近、国際展示場付近

ルートの基本:

 銀座付近と国際展示場付近を結ぶ道路の直下とした

 

(出典;中央区)

 

 

 

(中央区内)

 当初候補:環状2号線、晴海通り、都道473号線、とその間の道路

 

 除外:環状2号線と都道473号線

 除外理由:環状2号線はBRT運行予定。都道473号線は有楽町線が運行。本路線と重複し、地域の交通利便性に偏りが生じるため

 

 候補:「晴海通りと環状2号線の間の道路」と「晴海通り」

 

(江東区内)

 当初候補:環状2号線、晴海通り、有明通り

 

 除外:晴海通り、有明通り

 除外理由:有明通りは晴海大橋と首都高速晴海線があり、直下に地下鉄敷設は難工事になる。晴海通りは有楽町線が運行していることなど

 

 候補:「環状2号線」

 

 

②駅位置

 両端駅:銀座付近、国際展示場付近

 中間駅:築地地区、勝どき地区、晴海地区、市場前地区にそれぞれ1つ、勝どき地区と晴海地区は統合を検討

 理由:川や運河で分断された地区。本来地区ごとに駅があることが望ましい面があるが、一方で、可能な限りで駅を統合することが望ましい面もある。

 

 

③路線構造

 標準深度と大深度を検討

 銀座付近の駅は将来の延伸を考慮

 

④駅構造

 なるべく地表面に近いことが望ましい。

 大深度になる場合は高速エスカレーターなどの設置が望ましい。

 乗換駅では駅館の短絡路整備が望ましい。 

 国際展示場付近に設置する駅ではJR東日本の羽田空港アクセス線構想を踏まえて、りんかい線との乗換利便性に極力配慮した構造

 全駅10輌編成のホーム

 

⑤線形

 許容する最小曲線半径は400mまで

 河川や運河の横断、密集市街地などやむを得ない場合は200mまで

 勾配は35パーミルまで。

 

 

⑥運行計画の検討

 全体5駅(中間駅3駅)の場合、所要時間450秒、表定速度38キロ/時

 全体6駅(中間駅4駅)の場合、所要時間510秒、表定速度34キロ/時

 

 

 

 * * * * *

 

地下鉄はやはり早いですね。

 

 

(参考URL)
 
 

 

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
①どらったら!(平成26年〜28年秋)
②dorattara(~29年11月)
の続き。

中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム