記事一覧

#41 東京湾の海水塩分濃度分布 平成27年8月調査 東京都臨海部は?

東京湾では年に1回「一斉環境調査」が実施され、塩分濃度の分布などを調べている。最新(平成27年度)の調査結果(平成28年9月公表)をみておく。


塩分濃度。一見して分かるが東京都内の東京湾の塩分濃度は20‰前後かそれ以下とかなり低くなっている。隅田川や荒川が流れ込んでいるので予想は出来る。
名称未設定
(出典:東京湾再生推進会議モニタリング部会ほか)


拡大したもの。
赤字は加筆。中央区臨海部は東京湾湾口部の半分以下か。
名称未設定 2
(出典:東京湾再生推進会議モニタリング部会ほか)



資料をもう一つ。平成19年8月末〜9月の調査
名称未設定
(出典:土木学会関東支部技術研究発表会)


佃大橋付近の表層で塩分濃度20‰。
高いといえば高い。


東京湾環境一斉調査(ベイルネサンス・プロジェクト)
都市河川感潮域における塩水の遡上特性に関する現地観測 - 土木学会 (土木学会関東支部技術研究発表会)

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
どらったら!(平成26年〜28年秋)の続き。
中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム